誰でもわかるFX取引!

最初に経験した手痛い損失

最初にFXの取引を開始した時は経験のつもりでした。
そして、ほどほどに資金量を持っていました。
そこで最少は1枚の買い注文を出しました。
ずるずると下がりました。
ロスカット幅が大きくなり投資額も最初の2倍になりました。
そこで分かったことは反対注文つまり、売り注文を1枚出すことです。
それ以上の損失は抑えられることです。
最初に24,000円とロスカット分20,000円を投資しました。
そこで反対注文のために1万円のロスカット分を合わせて34,000円の投資をしました。
これで買いと売りで合計78,000円をFXに投資したことになります。
損失は15,000円で固定されることになります。
さらに下がり続けて、買いの損失が15,000円から30,000円になったとしても、売りの注文で30,000円の利益になります。
これで、「買い」と「売り」が相殺されて、常に15,000円以上損失を拡大しないように食い止めることが出来るのです。

これは机上の理屈です。
売りの利益が30,000円になり、「そろそろ下げ止まり」と判断しました。
そこで、売りの利益を確定するために、売りの反対売買の買い注文を出して、30,000円の利益を得ました。
これも机上の考えです。
買い注文だけを残したことになるのですから、買いの損失額は45,000円となります。
そこで売りの利益30,000円を買いのロスカットに充当して、合計50,000円のロスカット幅を設定したことになります。
そして、45,000円まで下がっているのですから、強制取引終了までの余裕は5,000円しかありません。
この状態でさらに20,000円下がったとすると、トータル70,000円の損失状態です。
そしてロスカット資金が続かず、強制ロスカットに合えば、売りの利益は帳消しです。
それに持ち出したロスカット40,000円も失うことになります。

Copyright (C)2014誰でもわかるFX取引!.All rights reserved.