誰でもわかるFX取引!

ロスカット判断の時期

何故ロスカット幅を広げるかと言えば、一時的なマイナスであればやがて回復し、ついに利益に転ずることを期待するのです。
実際のFX取引においてはよくあることです。
問題はどこまでロスカットの幅を広げる資金があるか?と、回復がいつになるか?
永久に回復しないとすれば永久に損失状態です。
しかし、最大のロスカット幅はNZで10万円と言われています。
そして、最低27,000円で取引開始が出来ると言いましたけれど、一般的に言われていることはロスカット分の資金を10万円程度準備しておくべきと言われています。
しかし小生の場合は、実際にはそんなに用意はできません。
精々30,000円程度です。
ですから、損失を大きく出していると考えられます。
その考えを次に述べます。
最初の27,000円で30,000円もの損出が出来ることは素人にとって驚異です。
それと、取引開始からそんなに下がるとの予想はし難いものです。
それでほとんど、準備できる資金量の限界でロスカットされてしまいます。
それと衝動的にロスカットをしてしまいます。
いかに冷静さと、大局的知識が必要かという事です。
そこで、ロスカットを5,000円と設定しておくと、実際は30,000円まで下がったとします。
この場合は5,000円のロスカットで5千円損失したが、25,000円損失しなくて済んだという事です。
実際、このように判断すべきものと思います。
一方、5,000円でロスカットされてしまい、その直後に回復して逆に利益まで上昇する場合は、5,000円を損失したばかりでなく、利益を得るチャンスを失ってしまったのです。
このケースがあるから、ずるずるとロスカット幅を広げてしまい、ついに耐えられなく大幅な損失でロスカットをしてしまうのです。

Copyright (C)2014誰でもわかるFX取引!.All rights reserved.