誰でもわかるFX取引!

ロスカットの話

「ロスカット」は和製英語だと思いますけれど、「損失をカットする」という事です。
FXの取引に結び付けると、最初から「ロスカット」を設定しておき、そのカット幅だけ変動するとその時点で自動的に取引が停止します。
このことを指して、FXはロスカットがあるから損失が限定されると言われています。
それと、ロスカット分を最初の投資額に上乗せして取引注文を出すのです。
実は先ほど24,000円と言いましたけれど、注文時にロスカット分を5,000円と設定すると、29,000円の元金が必要です。
小生が取引している会社は、最低0、3円のロスカットを設定しなければなりません。
0.3円という事は3,000円です。
27,000円の元金が必要です。
実際に発注して注文が成立すると、その場面でNZの場合は600円のマイナスになります。
これが手数料です。
このロスカットが単純なようで、その極意を習得するのには相当な経験を積んだとしても、完全に征服することは困難なことだと思います。
初心者はここのところをしっかりと理解乃至は決意をすることです。
例えば注文してマイナス方向に変動してきたとします。
先ほどの5,000円までマイナスになれば設定上、強制的に取引終了と言いましたけれど、ロスカット資金を追加投入すると、ロスカット幅はどんどんと広げることが出来ます。
1円の変動で1万円、2円で2万円といった調子でロスカット幅を広げるのです。
そして、取引は終了しないで損金がどんどんと大きくなっていくのです。

Copyright (C)2014誰でもわかるFX取引!.All rights reserved.